測量系CPD協議会規約

 

(名 称)

 第1条 この協議会は、測量系CPD協議会(以下「CPD協議会」という。)と称する。

 

(目 的)

 第2条 CPD協議会は、測量系分野における技術者の能力の維持・向上を支援するため、

  関係学会及び協会間でのCPD(継続教育)の推進に係わる連絡や調整を図ることを目的とする。

 

(機関の構成及び会員)

 第3条 CPD協議会は、別表に掲げる機関(以下「構成団体」という。)で構成し、

  会員はその機関の長をもって構成する。

  2 構成団体以外の団体等がCPD協議会に加入を希望する場合は、会員間で協議してこれを決定する。

  3 CPD協議会の会長(以下「会長」という。)は、CPD協議会の副会長と協議の上、

  必要に応じてオブザーバーの参加を求めることができる。

  4 構成団体がCPD協議会から退会する場合は、速やかにその旨を届け出る。

 

(会長及び副会長)

4条 会長には、公益社団法人日本測量協会の会長を充てる。

  2 CPD協議会に副会長2名以内を置くこととし、会員の中から選出する。

 

(会長等の職務)

5条 会長は、CPD協議会の代表として、CPD協議会の円滑な運営を図る。

  2 副会長は、会長を補佐する。

 

(会議の開催)

6条 CPD協議会は、会長が必要と認めたときに開催する。

2 CPD協議会は、会長が招集し、これを主宰する。

 

(協議事項)

7条 CPD協議会は、第2条の目的を達成するために、次の各号に掲げる事項を協議する。

 

   一 継続教育に係わる諸課題の調整に関すること。

   二 継続教育に取り組む技術者の利便向上に関すること。

   三 その他、継続教育の推進に関すること。

 

(部会の設置及び構成)

8条 会長は、必要に応じて、CPD協議会に部会を置くことができる。

2 部会に属する委員は、構成団体の推薦による。

  3 部会には、部会長を置く。

  4 部会長は、委員の中から選出し、会長がこれを指名する。

  5 部会は、必要に応じて、部会長が招集し、自ら議長となる。

 

(事務局)

9条 CPD協議会の事務局は、 公益社団法人日本測量協会(東京都文京区白山1-33-18白山NTビル)に置き、CPD協議会の事務を処理する。

 2 前項の事務局に事務局長を置き、事務局長には公益社団法人日本測量協会の専務理事を充てる。

 

(費用の負担)

10条 CPD協議会及び部会の運営に必要な経費は、必要に応じてCPD協議会で協議し、

 構成団体が相応の負担をする。

 

(規約の変更及び規程等の制定)

11条 本規約の変更及び事務処理に必要な規程等の制定については、CPD協議会で審議し、決定する。

 

 附 則 

  この規約は、平成16 8 4日から施行する。

 

 附 則 

  この規約は、平成253 25日改正、同年41日適用する。

 

附 則 

  この規約は、平成273 30日から施行する。

 

 

 

 

 

 

別 表(第3条)

 測量系CPD協議会構成団体

 

   [協会関係]

        公益社団法人 日本測量協会

        公益財団法人 日本測量調査技術協会

        一般財団法人 日本地図センター

        一般財団法人 測量専門教育センター

        一般社団法人 地図調製技術協会

        日本土地家屋調査士会連合会

        一般財団法人 日本建設情報総合センター

        一般社団法人 全国測量設計業協会連合会

        一般社団法人 日本国土調査測量協会

           一般社団法人 三重県測量設計業協会 

                一般社団法人 大阪府測量設計業協会 

        

   [学会関係]

        日本測地学会

        一般社団法人 日本写真測量学会

        一般社団法人 地理情報システム学会

        日本地図学会

        一般社団法人 日本リモートセンシング学会

        GITA-JAPAN

        特定非営利活動法人 全国GIS技術研究会

 

       【別表については平成28121日改正】